ゼロトラスト時代の「サイバー保険」

事業者の情報漏えいや他人の業務阻害等による賠償金や対応費用を補償します。

サイバープロテクターの特長

  • 1外部起因・内部起因の事故を幅広くカバー
    サイバー攻撃のほか、使用人の犯罪リスクまでカバーします。
  • 2サイバー攻撃等の対応費用を手厚く補償
    事故発生時の調査費用や広告宣伝費用などを幅広く補償します。
  • 3見舞金・見舞品購入費用も補償
    被害者への謝罪のための見舞金や見舞品購入費用を補償します。
  • 4海外で提訴された損害賠償請求も補償
    海外での事故による損害賠償や現地での対応費用も補償します。
  • 5充実の補償に加えて事故対応サービスもご提供
    専門業者紹介、標的型メール訓練などをご提供します。

補償内容

ニーズに合わせたプラン選択

「エコノミー」「スタンダード」「プレミアム」の3プランと各種オプション特約を用意しており、お客さまのニーズに合わせたプラン・オプション特約を選択できます。

サイバーリスクに対応する幅広い補償

プレミアムプランでは、サイバー攻撃を受けた場合に発生する、「クレジット情報モニタリング費用」「公的調査対応費用」「情報システム等復旧費用」等の費用補償や、サイバー攻撃を受けたかどうかを調査する「サイバー攻撃調査費用」等、これまで対応していなかったさまざまな補償を追加し、サイバー攻撃によるリスクに幅広く対応します。

法人に対する見舞金・見舞品も補償

事故が発生した場合に、被害者に対する謝罪のための見舞金費用または見舞品の購入などの費用を、被害者が法人の場合には1法人につき5万円、被害者が個人の場合には1名につき500円を限度に補償します。スタンダードプラン・プレミアムプランで対象となります。

さらにお得な情報

貴社の情報管理体制の状況等を専用のシート(全29項目)にご回答いただくことで、ご回答内容により保険料を最大60%まで割引くことができます。

サイバー攻撃時の損害額簡易算出サービス

中小企業のお客さまがサイバー攻撃を受けた場合の損害額を簡易的に算出し報告書として提供するサービスです。貴社の財務状況・取り扱う個人情報の状況等を専用のシート(全9項目)にご回答いただくことで、複数のシナリオのもとでの、賠償、費用、利益の各損害額を簡易算出し、その結果を報告書としてご提供することができます。

詳しい内容についてはこちら

このページの内容は三井住友海上火災保険株式会社様「サイバープロテクター」より一部引用しております。
また、記載の会社名及び商品名は、各社の商標又は登録商標です。

お気軽にお問い合わせください!

ブレーンアシストにお任せくだされば、貴社内でも懸案だったであろうセキュリティ問題を、低負荷で解決しますので、まずはお気軽にお申込みいただき、クオリティを実感してください。

お電話でのお問い合わせはこちらまで 048-271-5501