中小企業のDX化を考える

中小企業のDX化を考える

当記事は「デジタル化ってどうやるの?」と思案されている経営者向けの内容です。うちはそこそこやってるよ!という方には、ちょっと退屈かもしれないので、またの投稿をお待ちください。

勤怠管理をデジタル化する

さて、社内業務のデジタル化手法で最も身近で、また最も劇的に効果が出せるもの、それは「勤怠管理」ではないでしょうか?

勤怠管理のデジタル化?はぁ?なにそれ?と思われている方にとって、勤怠管理イコール、タイムカードの打刻のはずです。

これをデジタル化するとどうなるか?タイムカードは必要なくなり、打刻機がスマホ・タブレット・パソコンに代わります。

給料の締め日にタイムカードを集めて、集計する作業はなくなります。なぜなら、システムがリアルタイムで集計しているからです。

誰が今現在、出勤しているのかもリアルタイムで把握できます。その他、諸々メリットしかありません。

勤怠管理システム 「KING OF TIME(キングオブタイム)」

https://www.brainassist.com/service/kintai.html

 

請求書をデジタル化する

次なる矢は、請求書を電子メールで送付するという手法です。BtoBのビジネスを行っている企業であれば、必ず請求書を作成して顧客に送付するという大切なルーチンワークがあります。
今どきは、請求書を手書きで作成しているところはないでしょうから、エクセルなり、業務システム(ソフト)で出力(印刷)して、封入して郵送、という流れのはずです。

出力をプリンターではなく、パソコン上にし、請求書のファイルをメール送付するシステムに渡せば(アップロード)、あとは事前設定してある宛先に送信が行われます。

請求書デジタル化サービス「Cloud Biz(クラウドビズ)」

https://www.brainassist.com/pickup/cloudbiz.html

 

広告宣伝をデジタル化する

当記事提案の最後の矢は、ホームページの運用です。デジタル化のイメージとは結び付かないかもしれませんが、ホームページを見るのはスマホ・タブレット・パソコン、デジタルデバイスです。取引先、求人者は必ず、その企業のホームページを見た上で、アクションを取ります。

「この会社大丈夫かな?やめとこ。」
「へえー、こんなこともできるんだあ?連絡してみよう。」
「かっこいいなあ。ここで働いてみたいなあ。」
などなど。

今どき、ホームページが無いところも希少でしょうが、持っているところでもタイムリーに更新しているところは少ないと思います。

良い事も悪い事も真摯にタイムリーに発信することで、その会社のファンを作っていく事ができます。

広告宣伝においても、ホームページは基点となります。いろんなメディアを使って集客しても、最終的にはホームページに来てもらって、

そこで納得してもらった上で顧客となり得るからです。

  • 新製品をPRしたいとき
  • セミナー等で集客したいとき
  • 製品不具合のお詫び、告知
  • 求職者向け会社説明会告知
  • etc

ホームページ制作⁄運用サービス「マネージドウェブ」

https://www.brainassist.com/managedweb/

 

さて、いかがだったでしょうか?

ご紹介した”勤怠管理”、”請求書電子送付”、”ホームページ運用”

デジタル化(DX化)の一丁目一番地だと思います。この一歩が踏み出されれば、あとは自然にデジタル化への車輪は回っていくように思います。

デジタルリテラシが醸成され、こうしようああしよう、というアイデアが湧いてくるからです。

さあ、デジタルツールを活用して社業を盛り上げ、日本を盛り上げましょう!

いいね よろしければ「いいね」を押してください!
読み込み中...

ITインフラカテゴリの最新記事