保守運用をサービスひとつで全て完結!

一般的な保守契約では、基本的にお客様から働きかけないと対応せず、保守の範囲と内容が対象ごと(ハードウェア・ソフトウェア・ネットワーク等)に限定されることが多いため、障害時のスムーズな復旧を難しくしていましたが、保守運用の全てをご提供する「スーパーメンテナンス」なら、柔軟性と安心感をもって、貴社システムを確実に運用します。

ネットワーク/サーバ/アプリケーション等保守運用サービスを弊社が全てまとめて面倒みます。

「スーパーメンテナンス」では、サーバ・システム・ネットワーク等の監視、メンテナンス、障害時の原因特定、メーカーサポートの手配、復旧作業、改善提案などの保守運用サービスを全て対応します。

「スーパーメンテナンス」3つの特徴

Feature

保守運用の全てをまとめてご提供。だからトラブルが少ない!復旧が早い!

他社ベンダが導入したシステムの管理、アプリケーションのソースコードの引き継ぎもOK。

保守運用からお客様に最適なシステム構築のご提案まで。お客様にとって、より良い構成・手法をご提案!

「スーパーメンテナンス」はここが違う

「スーパーメンテナンス」はお客様からの指示を待たずに、能動的に復旧/予防に向けてのアクションを起こし、
ダウンタイムを低減します。また、お客様環境におけるパッチ適用の必要性の判断、適用作業を含めて行います。

一般的な保守サービスは、障害が起き、その連絡を受けてから対応が開始される受身の体制です。
そこから切り分け作業が始まるのですから、障害が起きた方も対応する方も大変です。

一方、「スーパーメンテナンス」は、障害が起きる前にその予兆を見つけようと事前に網を張ります。
予兆が発覚 したら、事前に取り決めてある方針に則り、その予兆を摘む、あるいは、障害を復旧するために対応を開始します。

保守運用サービスの提供形態と参考価格。

Service fees

「スーパーメンテナンス」は大体いくらかかるか。

弊社IDC(インターネットデータセンター)内にサーバを設置しての保守
もしくは遠隔での保守サポート

貴社サーバーをIDCに設置して保守運用を行う「ダイレクトウォッチ」と、貴社~弊社間にサポート可能な
回線を用意して頂き、遠隔で保守運用を行う、「リモートウォッチ」の2つの形態からお選びいただけます。

システム・ネットワークをIDCにてサポートダイレクトウォッチ

「ダイレクトウォッチ」では、弊社IDCの共有リソース内サーバ群の1台として、貴社サーバーを設置し、保守運用を行います。 また、DNS、ファイアーウォールは、弊社既設のものをご利用頂けます。

ECサービス用設備のハウジング例
使用機器例 サーバ(1U)×2台(アクティブ1台、バックアップ1台)
VPNルータ(1U)×1台
標準サポート内容 詳細は「保守運用の実際」をご参照ください。
エンジニアサポート時間:
国民の祝日及び年末年始(12/28~1/4)を除く、
平日(月~金)9:00~18:00
月額¥180,000(税抜)
(アクティブサーバ:¥100,000、
バックアップサーバ:¥50,000、
VPNルータ:¥30,000)

保守運用を遠隔でサポートリモートウォッチ

「リモートウォッチ」では貴社-弊社間にサポート可能な回線(ISDN,VPN等)をご用意頂き、貴社システム・ネットワークを遠隔でサポートします。
内容により、貴社ファイアーウォールの機能が制約となる場合や、別途監視を行う機器が必要となります事をご留意下さい。また、必要時はオンラインでのサポートも行います。

本業に専念する為の保守・運用アウトソーシング。
「任せる」ことにより負荷から解放されます。

お客様の業務を止めない(システムダウンさせない)こと、システム面での管理負担を無くすことを必須課題として努め、 お客様が本来のビジネスに専念できる環境を維持することこそが、我々のミッションであり、 貴社情報システム部の立場で確実に運用するのが、 ブレーンアシストが提供する「スーパーメンテナンス」です。

まずはお問い合わせください。

サービスに関して気になること、詳しく知りたい事などございましたら お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちらまで 048-271-5501